アベンジャーズのブラック・パンサーの映画の説明ページです

ブラックパンサー

ブラックパンサー

 

2018年 公開 ブラックパンサー

 

 


ティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)
超先進国ワカンダの現国王にしてブラックパンサーのティ・チャラ。厳密に言えば映画冒頭ではまだ国王ではなく、翌日に王になる為の儀式を控えている状況である。尚、代々ワカンダ国王がブラックパンサーを継承してきていて、先代の王であるティ・チャラの父でもある故ティ・チャカが前ブラックパンサーである。王になる為の儀式とは、一度ブラックパンサーである事を捨て去り、生身の己の肉体のみで(武器使用可)儀式に参加したいという志願者と戦い勝利する事である。この若さにて国王に就いたティ・チャラは国政にかなり苦労している様子が劇中からも伺える。また、家族から愛され、家族を愛している事も伝わってくる描写も多く、バッキーをかくまう等、情の厚さが伺える

 

 


シュリ (レティーシャ・ライト)
ティ・チャラの妹。世界最先端の技術力を持つワカンダの中でも天才と言われる位の科学者・技術者で、ブラックパンサーのスーツを作った。シビルウォーの時に比べてスーツの性能が上がっていたのはシュリが改良した為。他にも、車を遠隔で操縦する技術なども生み出している。少しブラコン?なところも見られる

 

 


ティ・チャカ(ジョン・カニ)
ティ・チャラの父親。ワカンダ王国の先代王にして先代ブラックパンサー。ソコヴィア協定署名式の爆破テロで死亡した。今作では回想シーンとティ・チャラの霊視体験のシーンにて登場する。ウンジョブの兄

 

 


エリック・“キルモンガー”・スティーヴンス/ウンジャダカ(マイケル・B・ジョーダン)
元アメリカの秘密工作員で、「死の商人」を意味する「キルモンガー」の異名を持つ。ワカンダの秘密を知り、王位を狙う
その正体はウンジョブがアメリカ人との間に儲けた息子のウンジャダカで、ティ・チャラの従兄弟。父を殺害した叔父一家への復讐と、父の悲願である黒人の社会的立場向上のため、ワカンダのテクノロジーによる世界征服を企てる

 

 


オコエ(ダナイ・グリラ)
ワカンダ王国の親衛隊ドーラ・ミラージュの隊長。自ら戦闘現場に赴き、ブラックパンサーとしてのティ・チャラをサポートしている。その戦闘能力はかなり高く、ワカンダでも指折りの強さで今作ではクロウの取り巻きを一掃したり、車の上に立ち、そこからサーフィンまでする程の強さを持つ

 

 


ユリシーズ・クロウ / クロウ(アンディ・サーキス)
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』で初登場。ヴィブラニウムの密輸を企てる南アフリカの武器商人。キルモンガーと結託している。『エイジ・オブ・ウルトロン』でウルトロンに切断された左腕には、ソニック砲を放つアームキャノンが内蔵された義手を装着している。本作の30年前にワカンダに侵入し、ヴィブラニウムが保存されたボトルを250本も強奪した上でワカンダの国境を爆破して逃走。この一件で、ウカビの両親を含めた多数のワカンダ人が死傷した

 

 


ブラックパンサー/ティ・チャラ
ティ・チャラがスーツを装着した姿。ヴィブラニウムでできており、ティ・チャラの妹のシュリが制作した。今作では敵の攻撃を吸収し跳ね返すという新技術と、スーツを持ち運ぶ必要が無いようにとネックレスからスーツが生成される!その爪は同じヴィブラニウム製のキャプテンの盾に傷をつけ、走行中の車のホイルを剥ぎ取り、数メートルの跳躍力を誇り、銃弾を跳ね返す程の強さがある

 

 


ブラックパンサー/キルモンガー
シュリが作っていた、もう一つのブラックパンサーのスーツ。キルモンガーが王になった時に装着し、以後彼のものになった。終盤でティ・チャラと激しい戦闘を繰り広げる。性能はティ・チャラの物とほぼ同等である

 

 

ブラックパンサー MovieNEX ブルーレイ+DVDセット/チャドウィック・ボーズマン【1000円以上送料無料】

価格:4,320円
(2019/2/10 16:25時点)
感想(0件)


 

 

TOPへ

 

 

 

 


ホーム サイトマップ