アベンジャーズのドクター・ストレンジの映画の説明です

ドクターストレンジ

ドクター・ストレンジ

2017年 公開 ドクター・ストレンジ

 


ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)
神の手を持つ天才外科医と言われるほどのドクター
作中でもオペをしており、その高難易度のオペを簡単にこなしてしまう姿に皆は尊敬している様子。しかし彼には性格に多少難があり、傲慢である。ある日自分の不注意から交通事故を起こしてしまい、それによって両手に酷い怪我を負い再生不能となる。しかし最後まで治す事を諦めきれないストレンジは、最終的にカマー・タージにて魔術に出会う。そこで誰よりも早く魔術を習得していくストレンジ。そしてアベンジャーズが物理的に地球を守るのに対し、ストレンジは多次元世界(マルチバース)から地球を守るドクター・ストレンジへと成長していく

 

 


エンシェント・ワン(ティルダ・スウィントン)
ストレンジの魔術の師匠
何百年も生きているという『至高の魔術師(ソーサラー・スプリーム)』の称号を持つケルト人。カマー・タージに救いを求めて来たストレンジに魔術を教える。また、映画冒頭でカエシリウス達と戦うシーンがあるが、敵を圧倒する程の魔力の持ち主というのがうかがえる

 

 


モルド (キウェテル・イジョフォー)
カマー・タージへとやって来たストレンジをエンシェント・ワンへと引き合わせる。ストレンジの兄弟子のような存在であり、稽古などもつける。潔癖で生真面目なところがあり、エンシェント・ワンに疑念を抱いてからは、彼女を否定するような言動も見られる。ドクター・ストレンジの次回作ではヴィラン(敵役)になると予想

 

 


ウォン(ベネディクト・ウォン)
『至高の魔術師(ソーサラー・スプリーム)』とカマー・タージを守る番人のような役目。普段は図書室の室長係のような存在。相手を見て貸す本を見極めている。ストレンジにはまだ早い、と本を貸し渋る場面もある。終盤ではウォンも魔術を使い活躍する場面もあり、インフィニティウォーの方でも見せ場がある

 

 

 

カエシリウス(マッツ・ミケルセン)
昔はエンシェント・ワンの弟子だったが破門になっている。その後、暗黒次元(ダーク・ディメンション)に魅せられ、ダーク・ディメンションの王、ドルマムゥへ地球の未来を委ねようとする。まだ未熟とは言えストレンジ以上の魔術を使う

 

 

【バーゲン】【中古】DVD▼ドクター ストレンジ▽レンタル落ち

価格:2,184円
(2019/2/10 15:42時点)
感想(0件)

 

 

 

 

 

TOPへ

関連ページ

ドクター・ストレンジ2
アベンジャーズのドクター・ストレンジ2の映画の説明です

ホーム サイトマップ